2017-18_HEAD_Technicaldata

JAPAN SNOW EXPO 2017のカタログデータを書きだしてみました。
※(G)マークが付いている板はGRAPHENE(グラフェン)が使われています。

RACE
size
top-center-tail
radius
(cm)
(mm)
(m)
WORLDCUP REBELS i.GS RD  M/W <WRC plate> (G)
193
103-65-83
30.0
188
101-65-82
30.0
183
99-65-81
30.0
WORLDCUP REBELS i.GS RD  RACEPLATE <WRC plate> (G)
186
104-65-87
25.0
181
102-65-86
25.0
176
102-65-87
23.0
WORLDCUP REBELS i.SL RD RACEPLATE  <WRC plate> (G)
168
119-67-103
13.0
165
119-66-104
12.0
158
118-65-102
11.0
156
118-65-102
10.7
WORLDCUP REBELS i.SL  <Race Plate EVO14> (G)
155/160/165
 
160
124-68-108 11.5
WORLDCUP REBELS i.Speed Pro  <Race Plate WCR14> (G)
170/175/180/185
180
119-68-99
18.0
WORLDCUP REBELS i.SPEED  <Race Plate EVO14> (G)
170/175/180/185

180
119-68-99
18.0
WORLDCUP REBELS i.RACE  <Race Plate EVO14> (G)
160/165/170/175

170
122-68-102
14.4
WORLDCUP REBELS iSLR  <Allride PR Base>
155/160/165

165
122-66-107
11.5
WORLDCUP REBELS iGSR  <Allride PR Base>
160/165/170/175

170
117-68-101
14.4
WORLDCUP REBELS i.SHAPE PRO  <Allride PR Base>
156/163/170

170
120-70-108
13.4
PERFORMANCE
size
top-center-tail
radius
(cm)
(mm)
(m)
SUPERSHAPE i.SPEED  <MultiFlex PB Base> (G)
156/163/170/177

170
124-68-104
14.0
SUPERSHAPE i.MAGNUM  <MultiFlex PB Base> (G)
156/163/170

170
131-72-110
13.1
SUPERSHAPE i.RALLY  <MultiFlex PB Base> (G) 
156/163/170

170
135-76-114
13.7
SUPERSHAPE i.TITAN  <MultiFlex PB Base> (G) 
163/170
170
137-80-117
14.1
PRESTIGE  <TriFlex PR>
163/170
170
135-76-114
13.7
PREMIUM  <TriFlex PR>
163/170
170
124-68-104
14.0
ALLRIDE
size
top-center-tail
radius
(cm)
(mm)
(m)
MONSTER 108<Adrenalin16 short w/o Brake[B] > (G)
 177/184/191    
 177  142-108-127  23.5
MONSTER 98<Attack 16 w/o Brake[A] > (G)
 170/177/184    
 177  135-98-120  21.3
MONSTER 88<Attack 13 GW95[A]> (G)
 163/170/177/184
 177  133-88-114  17.4
MONSTER 83<Attack 13 GW85[A]> (G)
 163/170/177    
 177  125-83-110  18.0
SUPERLIGHT INSTINCT <SLR 11 Brake78[H] > (G)
163/168
163
120-65-100
11.9
POWER INSTINCT Ti PRO <PR 11 MBS Brake 85[G] > (G)
153/163/170
170
124-82-109
16.5
RAW INSTINCT Ti PRO <PR 11 MBS Brake 85[G] > (G)
149/156/163/170
170
124-78-110
14.7
STRONG INSTINCT Ti <PR 11 Brake 78[G] > (G)
 156/163/170    
 170  130-83-115  14.2
SUPREME INSTINCT Ti <PR 11 Brake 78[G] > (G)
 149/156/163/170    
 170  127-74-110  13.0
NATURAL INSTINCT <SLR9.0 AC Brake 78[H] > (G)
 149/156/163/170    
 170  127-74-110  13.0
PRIMAL INSTINCT <SLR9.0 AC Brake 78[H] > (G)
 142/149/156/163/170    
 170  123-70-106  13.2
FREESKI
size
top-center-tail
radius
KORE 117<AAAttack 16 GW w/o Brake[A]>(G)
 189  145-117-129  24.6
KORE 105<AAAttack 16 GW w/o Brake[A]> (G)
180/189    
180 135-105-125  17.8
KORE 93<AAAttack 13 GW Brake[A]> (G)
171/180/189  
180 133-93-115 16.4
ALPINE WALKER SET<AAAmbition 10AT Brake 85[C]>
130  124-80-106  10
THE CADDY<AAAttack 13 GW Brake 85>
171/176/181    
176  120-84-109  19.0
FRAMEWALL<AAAttack 13 GW Brake 85[A]>
171/176/181    
181  121-84-110  20.2
THE SHOW<AAAttack 13 Brake 85>
154/163/172  
172  112-79-106  19.1
WOMEN
size
top-center-tail
radius
(cm)
(mm)
(m)
GREAT JOY<AAAttack 12 GW Brake 110[A]> (G)
163/168    
168  141-98-124  14.3
WILD JOY<AAAttack 12 GW Brake 95[A]> (G)
158/163/168    
168  139-90-119  14.4
TOTAL JOY<JOY 11 SLR Brake 90[H]> (G)
153/158/163    
163  133-85-113  13.6
SUPER JOY <JOY 11 SLR Brake 78[H]> (G)
148/153/158/163
163
128-75-108
12.5
EPIC JOY <JOY 11 SLR Brake 78[H]> (G)
153/158/163

163
120-65-100
11.9
ABSOLUT JOY <JOY 9 SLR Brake 90[H]> (G)
143/148/153/158/163/168

163
129-79-109
13.5
PURE JOY <SLR 9.0 AC Brake 78[H]> (G)
143/148

148
126-72-106
9.4
EASY JOY <SLR 9.0 AC Brake 78[H]> (G)
142/149

149
120-69-104
9.5

JAPAN SNOW EXPO 2017

JAPAN SNOW EXPO 2017がパッシフィコ横浜で今日から16日(木)まで開催中です。JAPAN SNOW EXPO 2017は日本国内最大のウィンタービジネス見本市で、JSP(日本スキー産業振興会共催)とSBJ(日本スノーボード産業振興会)の共催で開催されています。

HEADブースの前にはHEADのサービスカーであるVOLVO XC60とレッドドット賞のベスト・オブ・ベスト賞、2016年北米トラック&SUV・オブ・ザ・イヤーを受賞したVOLVO XC90が展示されていて、北欧のセンスの良い車とブースのマッチングが非常に良いですね。ブースの中に入ると、ISPO MUNICH 2017のプレスリリースで発表された商品が出迎えてくれました。まずRACEモデルRACEモデルには、2017/18のFISレギュレーションに合致したWorld Cupシリーズがラインナップされ、その下にグラフェン搭載のi.SL、i.SPEED、i.SPPED PRO、i.RACEとキャンバータイプのスキーもiSLR、iGSR、i.SHAPE PROとバリエーションが増えています。そしてSUPERSHAPEシリーズでは、KERS、ERA3.0Sとスピードロッカーにより無理なくパワーを発揮でき、コントロールも容易になっている定番のi.SPEED、i.MAGNUM、i.RALLY、i.TAITANを用途に応じて選択できます。それにALLRIDEシリーズに板とブーツを合わせた超軽量モデルのSUPERLIGHT・INSTINCTとVECTOR EVO 105 SUPERLIGHTが加わりました。重たい板とブーツから解放されると、スキーの楽しみ方もこれまで以上に広がるのではないでしょうか。またFREESKIのニューモデルKORE(コア)が登場しました。グラフェンの進化系でトップシートが新素材に変わったことでカテゴリーの中で最軽量のスキーになっています。この板は要注目になりそうです。WOMENSモデルはISPO MUNICHのプレスリリースのトップで報道されています。他のモデルと同様目的に応じて8機種用意されており充実しています。中でもEPIC JOYはビンディングも含めた板の重量がわずか2000gという超軽量モデルで、女性に優しい設計になっています。BOOTSはRAPTORモデルのラインナップが増え、着脱が容易でシェルごと足型に合わせるFORM Fit搭載のVECTOEシリーズがお薦めです。特にVECTOR EVO 105 SUPERLIGHTは軽量なのが良いですね。FREESKIをメインにされるのであれば、HAMMER110、THRASHERモデルが用意されています。フリースタイルのために設計されたブーツで、脛から足首にかけてもホールド感は絶品です。詳細はこちらをご覧ください。

ISPO MUNICH 2017

ISPO MUNICH 2017がドイツのミュンヘンで2月5日から8日まで開催されました。ISPO MUNICHは来季のウィンタースポーツ(スキー、スノーボード、アウトドア用品、その他様々なスポーツ、フィットネス関連商品)が展示される国際見本市で、HEADからもスキー、スノーボードが展示されました。プレスリリースによれば、WOMENモデルのJOYシリーズにはカーボン、コロイド、グラフェンを使った軽量モデルが充実し、中でもEpic JOYはビンディングも含めた板の重量がわずか2000g、軽量化を提案しています。RACEモデルには2017/18のFISレギュレーションに合致したWorld Cupシリーズがラインナップされ、より滑らかな乗り心地とコントロールを可能にしたい場合は、減衰技術を持ったダンプナーをビンディングの前につけることができるそうです。そして高いパフォーマンスが発揮できるSUPERSHAPEシリーズは健在です。それにALLRIDEシリーズには板とブーツを組み合わせた最軽量モデルSUPERLIGHT INSTINCTとVECTOR EVO 105 SUPERLIGHTが加わりました。それにFREESKIシリーズにはKOREと呼ばれる新ラインナップが登場しています。